フロンティアニュース

フロンティアニュース

2010年 新春3号

新年明けましておめでとうございます。
皆様にはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
本年もどうぞ宜しくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
2010年を迎え、弊社の情報発信となります新春号(第3号)をお届けいたします。
新春号としまして弊社新開発機のご紹介、そして今後軽量化に向けて市場化されつつあります 最新鋭の飲料用ネックフィニッシュのニュースをお届けいたします。

  ◆ EFB2000型からFFB2000型への移行
  ◆ 飲料用ネックフィニッシュ PCO1810からPCO1881への進化

これらニュースが皆様のご参考となれば幸いです。


EFB2000型の更新機開発

1994年12月に1号機を出荷させて頂き、これまでに国内外に100台弱の納入実績をあげさせて頂きました弊社の代表的機種でありますEFB2000型機。 多くの顧客の皆様に現在でもお使い頂いており大変有難く感謝致しております。 しかしながら、EFB2000型の駆動系等に用いてきました幾つかの構成部品がそれら製造メーカーの都合により生産打ち切りとなりつつあります。
私どもも出来る限りの在庫を持つなど可能な手段は講じてきましたが、現実的にサービス対応できない状況もあり、 弊社方針を新型機対応に切り替え、顧客の皆様に御不便をおかけしないような手段をとらせて頂くことに致しました。
以下に概要を発表させて頂きます。

EFB2000型代替対応機について
(1)機種名 FFB2000型
(2)キャビ数
(3)金型 現EFB2000型のブロー・底型本体は搭載可能とします。
(4)本体価格 EFB2000型標準定価比で20%低価を予定しています
(5)受注体制 受注活動は本ニュースをもって開始させて頂きます。
(6)改良性能 サイクルアップ(EFB2000型比較で20%アップ)、プリフォームハンドリング・加熱手段の改良、低騒音対策など。
(7)主仕様 ①設置にあたりボトル排出コンベアの高さはEFB2000型より270mm低く機械設置床面から1230mmとなります。(オプション仕様で従来と同じ高さにする事も可能です)ボトル全長が変っても定高排出コンベア上にエジェクトされます。
②ブロー型は現状のEFB2000搭載型のネック部に鋼製ピースを取り付ける(ブロー型にM5タップを4箇所追加工する)だけで新型機に取付け、成形出来ます。
③マンドレルは弊社BIO機と同様の独立駆動型です。
④プリフォームは大型ロータリー式成形機と同様、スターホイールにシューターから受け継がれ、次いで後続する反転ホイールでゲート面が上になるよう倒立状態になり、下方から上昇するマンドレルに連続装着されます。
⑤プリフォームの加熱はBIO機と同様、プリフォームがマンドレルと共に1本毎ヒーター前を移動します(EFB2000は2本づつ移動)。
⑥ボトル取出し反転アーム軸心を可調整式とし、排出ボトル底は常に同じ位置でコンベア上に取出されます。

FFB2000型概要図
FFB2000型概要図


飲料用PETボトルの新ネックフィニッシュについて

飲料用PETボトルの歴史を振りかえりますと概観・形状は各社其々ですが、 ネックフィニッシュ(ネジ部)はアルミのロールオンキャップからプラスチックキャップに至るまで長年共通使用されてきました。
1976年頃から米国発となりましたPETボトルのネックは公称38mmから始まり、 ベントスロット形状等を含めますとこれまでに数回の改良変更がありました。 特に清涼飲料は38mmから28mmに変り、現在ではPCO1810(通称PCO28)と呼称されるネックフィニッシュが主流です。
加え、現在国内外の飲料企業が容器の軽量化に取り組んでおり、 その一環としてネックもPCO1810に代りPCO1881規格が採用され始めてきました。
PCO1881と1810では1g強の差があります。因みに年間生産数が5千万本としますと50㌧の材料軽減となり、 僅か1gの軽減でも大きなコスト削減数値になります。
私どもは長年の経験から国内も新規格の1881の採用になろうとの予測をもち、一昨年から新規格のプリフォーム・ネックリング金型試作と ボトル成形試験を繰り返し、新ネックリング1881の金型製作は何時でもお受けできる加工体制を組んでおります。
PCO1881の採用が本格的になりますとショートハイトのプラスチックキャップ使用もその前提となり、 ボトル全体の軽量化に拍車がかかるものと予想されます。 顧客の皆様におかれましては現有プリフォーム金型の軽量化ご検討時の際には私どもに御相談頂ければ幸いです。


写真は現状の28mmPCO1810(左)と新規格のPCO1881(右)の弊社でブロー成形した軽量ボトル(500ml/11g)です。
右の新規格ネックの高さが低いこともご覧いただけます。